株式会社モレキュラーイメージングラボ 〒564-0053 大阪府吹田市江の木町13-9
江坂シビル館U 5F
TEL:06-4950-6648
FAX:06-4950-6649
ホーム
事業内容
製品・サービス
会社案内
お問合せ
世界に通用する技術力
製品・サービス

QSPECTとは
 QSPECTは、臨床SPECT検査で得られたオリジナルなデータを画像再構成し、定量的な画像を作成します。PET撮像に近い正確度と精度の脳血流量と再構成画像を、診療補助のために提供致します。収集時間、検出器の数、ピクセルサイズを考慮することで、かつSPECT装置、コリメータの種類、核種ごとに感度校正定数を計測することで、被写体内部における局所体積当たりの放射能崩壊率を示す画像に変換します。

QSPECT脳血流定量化プログラム
  本プログラムはDTARG法、ARG法を用い、脳血流量画像を作成いたします。
DTARG法とはIMPを使い、同日1日の検査で安静時およびアセタゾラミド(ACZ)負荷時の局所脳血流量画像および血管反応性の評価を行う検査法です。脳血流量画像計算は通常のARG法と同じで、コンパートメントモデルに基づいて行う。また1回目投与後の脳内残留放射能の影響も理論に組み込むことで、ノイズ上昇を最小限に抑制している。正確な解析を保証するために、吸収減弱補正、散乱線補正を組み込み、また施設・機種を超えた再現性を確保するために、BCF、CCFの校正計算を組みこんでいます。

QSPECTダット定量画像校正プログラム
 本プログラムは、定量的指標(SBR)を計算し、分布容積比( Distribution Volume Ratio、DVR)と結合能(binding potential、 BP)の画像を作成します。


Windows 10 での動作確認について

  下記バージョンにおいてはWindows10での動作は確認できております。
  QSPECT脳血流定量化プログラム Version 3.0.1
  QSPECTダット定量画像校正プログラム Version 3.0.0
  Javaについては、CDに付属しているJava Runtime Environment (JRE) 8 Update 60(32ビット版)をご利用下さい。


弊社販売QSPECT製品

1.販売名称 QSPECT脳血流定量化プログラム
  有効期間設定なし CD版
  医療機器認証No. : 228ALBZX00001000
  認証年月日:平成28年2月10日
  添付文書

2.販売名称 QSPECTダット定量画像校正プログラム
  有効期間設定なし CD版
  医療機器承認No. : 22900BZX00320000
  承認年月日:平成29年9月22日
  添付文書

製品のご購入について
 製品のご購入から利用するまでの流れは、下図を参照して下さい。
ご購入をご希望の方は、下記QSPECTお見積書発行依頼をクリックして下さい。
(ご注文頂くには、必ず見積書発行依頼が必要です。)

QSPECT製品導入後、SPECT装置が変更になった場合は、下記により申請して下さい。

SPECT機種追加依頼

QSPECT製品導入後、パソコンがが変更になった場合は、下記により申請して下さい。

パスワード再発行依頼

Copyright(C) 2021 Molecular Imaging Labo Inc. All rights reserved.